HAPPY to ...

njnhwany9.exblog.jp

2017年 03月 20日 ( 1 )

ご報告

c0342646_11354975.jpg
15年と少し前、ブリーダーさんからこのボールと共に一匹の猫を譲り受けました。
とっても可愛くて人なつこくて、今でも最初の出会いは忘れられません。


3月11日の早朝、15年半共にして来た最愛の猫とお別れしました。


生まれはNYテロの前日、2001年9月12日、
お別れしたのは東北地震から6年目、15年半後の2017年3月11日(15年と半には一日足りなかったのかな)。
アメリカ時代から私を傍で支えてくれた15年半、感謝しかありません。
そして今はとてつもなく悲しく、淋しいです。

一週間程、実家に帰っておりました。
知らない土地で一人で見送るのは嫌で、実家に帰り両親と一緒に火葬し見送りをしてきました。
ここ一ヶ月なんだかきちんと寝てなかったり食べてなかったりで。。
しっかり睡眠、取れましたしのんびりさせて貰って、両親には感謝しかありません。
母もとても可愛がっていたので、、、私と同じ位ロスです。。。

アパートに戻ると、さよならした日以来なので再びあの時が思い浮かんで昨晩は涙が止まりませんでした。


c0342646_11433424.jpg
母が切り絵で作ってくれた最愛の猫。




年が明けて食欲が落ち出し、2月に入ると日に日に細くなり、思いもせずの入院もし、
最後の一週間から10日は、信じられない位の早さでの激変でした。
特に最後の3日は日に日に出来なくなる事が多くなり、と言った最後でした。
最後の数日はもちろん苦しかった中、最後の3分苦しそうに間のあいた息をしたのが最後でした。
静かな最後だったと思います。
亡くなる一週間前の写真を見る度に、信じられません。
けれど年齢、心臓、腎臓に限界が来てしまったのかな。 

暫く、悲しいのは当たり前か・・・

実家から戻ると相方はa型インフルエンザで・・・
迎えに来てもらって明るく帰るつもりだったのに。
移ったら怖いし、一人で影で悲しんでいる感じです。


時々、思い出して写真をシェアする事あるのかな。
[Cat]、[Abyssinian]のタグがこれからは出番なしになるのも淋しいです。










[PR]
by cana_mimican | 2017-03-20 11:58 | CAT | Comments(7)